<   2009年 02月 ( 8 )   > この月の画像一覧

 

舞台裏

最近、塾講師のバイトを始めました。教えるのは中学生。担当はなんと数学、理科。文系学部しかない一橋の学生を理系講師として採用するのですから、講師側の理系離れも相当なモンなのでしょうか・・・。

まあそれはさておき、僕が勤めることになったこの塾、かなりの期間を研修に割き、いきなり現場にはださない。塾の制度やら、受験システムやらをあれこれたたきこまれる。そして一番大事なのが模擬授業。あらかじめ教える教材を渡され、他の研修生を生徒に見立てて、ベテラン先生の前で授業するのです。そこでいろいろ批評をもらい、授業の質を高めていくというものです。

この模擬授業で僕は気づいたのでした。教えるのって難しい!!!
教科書に書いてあることは分かる。問題も解ける。しかし、それを何も予備知識のない人に1から教えるとなると話が全く変わってくる。

いきなり抽象的な事柄を教えたとしても分かるはずもない。分かってもらうためには、どんな導入から入ったらよいか、どんな比喩が使えるか、どんな板書にしようか・・・・等々考えなければならないことが山のように出てくるのです。そしてその上に”時間”という制約もついてくる。1つの簡単に見える単元を教えるためにかなり頭を悩ます日々です・・・・

先生が教壇という舞台でさりげなくしゃべっているその裏には、膨大な準備、蓄積があるのでしょう。

そう、僕達(特に人生経験がまだ浅い学生)は、世の中の、いわば表舞台しか見えていないことが多い。その裏に存在する決定的に重要なプロセスはほとんど見えていない。そして、それはお店に並べらている商品を見るときにも同じことが言えるのではないでしょうか。

お店の売り場という晴れ舞台に立つ商品。その裏にはいろんな人の様々な努力の蓄積がある。どんなささいな商品にしたってそうだと思います。僕達は普段なかなか意識することができませんが。

スタッフの僕が言うのもアレですが(笑)、とれたのという舞台にあがっている商品たちは、みな一流です。そして、それを裏で支える情熱、技術、歴史も素晴らしいものがあります。

日常ではなかなか実感しにくい「舞台裏」。目に見えない生産者の方の努力。こんなものもお客様に伝えていければと思います。       丹野@現場進出まで秒読み・・・・

b0147838_0145073.jpg
とれたの物産大集合!!HPでも詳しく紹介しています。こちらからどうぞ。
[PR]

by toretano | 2009-02-27 00:35 | 多摩物産  

こんにゃく作り

こんにちは!臼井です056.gif


気がつけばもう二月も下旬ですね…!!ついこの間春休みに入ったはずなのに、もうすぐ一ヶ月が経とうとしているなんて…

この休みを無駄に過ごすことはできないっ!!


……ということで、こんにゃく作りをしてみました003.gif


大きなこんにゃくいもと凝固剤、手袋などがセットになった『手造りこんにゃくセット』というものを手に入れたのでさっそくチャレンジ☆


まずは、こんにゃくいもをひたすら洗います。たわしを使って泥を落とすのはもちろん、ピンクの芽はすべてスプーンで取り除きます。

 ※こちらがこんにゃくいも↓
b0147838_14151490.jpg



その次に、4分の1くらいにカットしたこんにゃくいもを水を入れた鍋で煮ます。

コトコトコトコト…


いもが柔らかくなったらお湯を捨てて水を入れ、触っても熱くない程度までいもを冷まします~


次に!水1リットルといもをミキサーにかけていきます!これは何回かにわけて少しずつかけるのが肝。この作業を終えると、ちょっとこんにゃくっぽくなってきて感動します☆笑。

そして、固くなるくらいまでしゃもじで20分くらい混ぜ続けます…

これはかなりつらかったです↓↓ だんだん固くなってくるので、腕が痛くて…涙。

b0147838_14211656.jpg



この痛みに耐えたら、いよいよ最終段階!!!
30分置いてから、お湯でといた凝固剤を加えて混ぜる…というより練っていきます。徐々に一つの固まりになってきて…

最後にその固まりを小さくちぎって、鍋に入れていきます♪

b0147838_1426149.jpg


40分くらい煮ると、固いこんにゃくっぽいぷるぷる感が出てきて完成☆

あとはあく抜きのために水を替えて15分煮れば、食べられます!!


実に所要時間は2時間以上!苦労して作ったこんにゃくは、すぐにさしみこんにゃくでいただきましたが、本当においしかったです041.gifスーパーで買ったこんにゃくがこんにゃくじゃないように思えてきました!!笑。


ここまで読んでくださって『いいな~味わってみたいな~』と思ってくださった方も多いはず…!!

そんなあなたに朗報です☆


私のように苦労して作らなくても、できたてこんにゃくのおいしさを味わえる商品がとれたのにあります!!

その名も……生いもこんにゃく!!東京都唯一の村、檜原村の井上食品さんの商品です。


このこんにゃくは、今回私が行ったような昔ながらの製法で作られているこんにゃくです!その味の違いは食べてみれば納得☆やみつきになります!!

ぜひ一度、お試しください058.gif
[PR]

by toretano | 2009-02-20 14:40 | 多摩物産  

小山のカップ納豆~

ど~も。副店長の居波晃弘(イナミアキヒロ)です!

さてさて、本日のお題は「小山商店のカップ納豆」

小山商店と言えば、キムタクも食べた!でおなじみの昔ながらの炭火納豆を作っている会社です。

とれたのでは、この小山商店の納豆を4種類取り扱ってます。

で、今回取り上げるのがそのうちの「カップ納豆」
つい最近の1月から仕入れを始めました。

このカップ納豆、中身は今までの「信濃路」と変わらんのですが、何といってもカップにわかれてより食べやすくなったことが大きな特徴です!

信濃路や山形納豆、金沢納豆の包装は、昔ながらの藁包みをイメージしているようで、ちょっと納豆が取りづらいんです。まぁ、それはそれで市販の納豆と違って趣があっていいもんですが。

b0147838_1402153.jpg


さて、これがカップ納豆。3パック入って、全体の量も従来の信濃路より多くなってます。

さっそく今日買ってみて、そして食してみました。温かいご飯の上に載せるとこんな感じ…

b0147838_140372.jpg


やっぱ、うまいですね、豆が。僕が今まで食べてきた納豆は、ねばつきは強いのだが豆自体の旨みはほとんどないように感じます。それとは逆に、小山商店の納豆はねばつきは弱いが豆に個性があって、豆を楽しむという感じに仕上がっています。

にしても、ほかほかご飯と一緒に食べると、まいう~ですね。
皆様も、ぜひこのカップ納豆を召し上がれ!
[PR]

by toretano | 2009-02-17 23:00 | 多摩物産  

茎まで食べられるんですよ

こんにちは!とれたの広報担当の須藤です。

ここ2,3日は気温が高くて温かかったですね。
梅の花も満開で、春が待ち遠しい今日この頃です。

さて、この間の金曜日に野菜の集荷に行ってきました!

とれたのでは、毎朝農家を一軒一軒廻って野菜を仕入れているのです。

そこで最後に廻った農家で、急遽注文には入れてなかったブロッコリーを出していただけることに。

しかもその方のブロッコリー畑まで行って、目の前でとったばかりのブロッコリーを出していただきました!

まさに「朝どり」

まさに「とれたて」

さらには
「やってみる?」

Σ(-□-)

マジですか!?

てなわけでブロッコリー狩りをしてきました☆

ブロッコリーの茎は太いのですが、うまく切るコツは
「相手の首を掻っ切るように」
だそうです・・・(笑)

そしてとったのがこちら↓↓

形がとってもきれいですよね♪

この日は7個のブロッコリーを仕入れたのですが、開店後2時間で完売しました!

茎までおいしいとれたののブロッコリー。

これから徐々に入ってきますのでお楽しみに☆
b0147838_22162565.jpg

[PR]

by toretano | 2009-02-14 22:20 | くにたち産の野菜  

今はやりの…

こんにちは! 臼井です063.gif
今日は、とれたので扱っている物産の中で、私が最もオススメのものを紹介したいと思います!!

まずは、こちらの写真を御覧ください!!


b0147838_8451667.jpg



この今にも張ち切れんばかりの濃いオレンジ色の黄味と、『ぷるっ』『とろっ』とご飯の上でひかる白味……ちょっと想像してみるだけで、このたまごを熱々のご飯と一緒に口の中にいれたときの感動は伝わってしまうのではないかと思います。

このたまごの正体は…

そう!このブログでも二回目の登場となりますが、『たまご倶楽部』さんの『青梅の地卵』です☆


実は今徐々に、『たまごかけご飯』が密かなブームを巻き起こしているらしいのです!!たまごかけご飯専門店が誕生したり、テレビや雑誌などのメディアで目にする機会も増えてきました。

先日も、2月6日金曜夜6時過ぎからの特集@TBSでたまごかけご飯の特集が組まれていたのですが、御覧になった方はいらっしゃるでしょうか?私はその時間とれたののお店にいたので、録画をしておいて帰宅してから見てみたのですが、その特集の中でもこの青梅の地卵は大きく取り上げられていました!

どうすれば、上の写真のようなとっても新鮮なたまごができるのでしょうか?
『たまご倶楽部』さんのこだわりポイントとしては


①健康な若鶏が生んでいるため、鮮度抜群である
②にわとりの餌は、人間が食べても大丈夫なくらい安全な飼料を使っている
③特別にビタミンE、ビタミンD、鉄分などの栄養素を添加していない
④午前8:00~11:00、月・水・金曜日はモーツァルト、火・木・土・日曜日はバッハのクラッシック音楽を鶏舎に流している


などが挙げられます。(『たまご倶楽部HP』参照)特に④はテレビでも放送されていて、リポーターの方も驚いていました!!笑。


ここまでつらつらとこだわりポイントを書いてみましたが、やはりこの感動のおいしさは実際に味わってみるのが一番です!!
今までのたまごかけご飯の常識が覆されること間違いなしです!

ぜひみなさん、召し上がってみてくださいね056.gif
[PR]

by toretano | 2009-02-10 09:09 | 多摩物産  

夏みかん

こんにちは!小川真澄です。

今日はとれたのに出ているお野菜からこちらを紹介します。

b0147838_1131253.jpg


夏みかんです060.gif

えっって感じですよね?!

今は誰がどう見ても冬ですし。

もちろんとれたのはくにたち産の野菜のみを置いていますから、輸入したとか西日本のものを取り寄せたとかじゃないですよ!!

正真正銘のくにたち産の夏みかんです。

じゃあ冬に採れるのにどうして夏みかんというのでしょうか??

調べてみたところ、熟期は4月~6月だそうですが、実がなるのは冬のようです。

また夏みかんの由来は、「夏まで実が持つから」、「夏になると酸味がやわらいで食べ頃になるから」など諸説あるそうです。


栄養面では、柑橘類にはビタミンCがたっぷり!
このビタミンCには、白血球の中のカゼに対する免疫力を強くする働きがあるのです。
このためビタミンCたっぷりの柑橘類を食べるとカゼにかかりにくいと言われます。

ビタミンCは肌をキレイにするって言いますしね053.gif

またビタミンCは、カルシウムの吸収をスムーズにするので成長期の子供には絶対に欠かせない栄養です。
最近イライラすると感じる人にもおすすめですよ072.gif

というわけで、夏みかんは冬に実がなるものだということがわかりました!

ただ夏みかんは熟したとしても酸味の強いものですので、ゼリーやマーマレードにして召し上がっていただくのをおすすめします!

“冬"“夏みかん”ぜひぜひ召し上がってみてください003.gif
[PR]

by toretano | 2009-02-10 01:37 | くにたち産の野菜  

紅菜苔を食べてみた!

みなさん、こんにちは!
副店長の居波(いなみ)です。

さて、今日のお題は紅菜苔
ちょくちょくとれたの店頭に出てくるようになりました。

b0147838_23331999.jpg


This is a 紅菜苔!
ところで、紅菜苔はアブラナ科の一種なんです。先っちょにある花のつぼみの部分が菜の花に似ていることからもわかります。

でも、日本ではあまりなじみのない野菜ですよね。スーパー等でもあまり見かけません。
この紅菜苔、中国生まれの野菜なのです。まぁ、名前が中国語っぽいですしね。

ちなみに、中国野菜で今までとれたので売っていたものは、他に「菜心」、「紅心大根」があります。
意外にも、紅心大根も中国野菜なんですよね…!

さて、我が家で早速紅菜苔を使ったお浸しを作ってみました!

b0147838_23342895.jpg


こんな感じに出来上がりました!!(ちと写真がぼけちゃってますが…)

実際に食べてみると…茎のところは若干硬くて食べづらいですが、
葉と花のつぼみの部分は、しゃきしゃきとした食感で美味でした。
またアブラナ科の植物らしく、「大根の疎抜き」と似たようなお味でした。

今回はお浸しとして召し上がりましたが、他の調理法として『炒め物』、『漬物』などでもいけるようです。

みなさまも紅菜苔をお買い求めになって、色々な調理法をお試しください。
[PR]

by toretano | 2009-02-03 23:00 | くにたち産の野菜  

生姜 くず湯

こんにちは。
2月に入り、立春が近くなってきました。しかしまだまだ寒い日が多く、特に今日は風も強かったですね。日々冷え性と闘う私にとっては、寒さは最大の敵です…。

冷え性に打ち勝つべく、私は昔から生姜をすすんで食べるようにしてきました。
体を温める食べ物として有名ですよね!



そこで今回は、とれたのでも販売している「みやこ飴本舗」の
生姜くず湯
をご紹介したいと思います。


b0147838_1401162.jpg



生姜の飲み物と言えばジンジャーティーなどが思いつきますが、くず湯はとろみがあってより飲みやすいです。この「みやこ飴」の生姜くず湯は、ショウガが強すぎず、弱すぎず、ほんのりとした甘さ。木のスプーンで飲みたくなるような素朴な味です!温かいうちにおいしくお召し上がりください♪



生姜の入ったくず湯は、昔から風邪の民間療法として使われているそうです。
今年の冬もあと少し、冷え症の方もそうでない方も、くず湯で体を温めて、風邪をふきとばしてしまいましょう♪
[PR]

by toretano | 2009-02-02 01:45 | 多摩物産